今ってどんな株を買えばいいの?

投資をはじめたい人

経済の景気サイクル

  1. 好況期
  2. 後退期
  3. 不況期
  4. 回復期

景気サイクルは、4つのサイクルで循環しています。

今は、回復期からの好況期


景気サイクルとして現在は、回復期から好況期き移る段階に入っています。

好況期では、回復期で金利を下げて経済を回復させるために市場にお金を回していた状態から、経済が回復して景気が良くなり過剰なインフレにならないようにしていく方向となる。

財政政策では、公共事業の削減(財政政策の緊縮化)や増税(消費意欲を減退させる)を行う

金融政策では、景気過熱を抑えるために、金融引き締め策(長期金利の上昇)などを行う

株価:好調な経済状況を受けて上昇する

注目していく株

好況期では、製造系・素材・消費財に注目していきたい。

資本財サービス 輸送、製造系、航空系など

主な会社 

ユナイテッド・パーゼル・サービス(UPS):世界首位の小包貨物輸送会社
ユニオンパシフィック(UNP):米国最大の鉄道輸送会社
キャタピラー(CAT):世界首位の重機メーカー
デルタ航空(DAL):世界有数の航空会社  

素材

主な会社

ニューコア(NUE):米国最大の鉄鋼メーカー
フリーポート・マクモラン(FCX):世界大手の鉱山資源会社

消費財 ホテル、食事、店舗、自動車、EV

主な会社

マクドナルド(MCD):世界最大ファストフード
スターバックス(SBUX):世界最大の珈琲チェーン
ヒルトン(HLT):世界最大級のホテルチェーン
ホームデポ(HD):住宅改修専門ホームセンター1位
ゼネラルモーターズ(GM):世界3位の老舗自動車メーカー
テスラー(TSLA):電気自動車最大大手

コメント